出産 祝い 期限

出産 祝い 期限・解説ページ

【サイト・コンセプト】
「お祝いマナー知恵宝庫」では、私たち日本人が大切にしてきたお祝いの方法や用語について、くわしく解説しています。
お祝い マナーを知っていると、結婚式や長寿祝い、誕生日等のお祝いの席のほか、普段の人付き合いでも自信がもてます。
先人の知恵を吸収し、あなたも「お祝いマナーの達人」になりませんか?どうぞお気軽に、サイト内を探索してみてください。
スポンサード リンク
    
 HOME妊娠・出産出産 祝い 期限
出産祝いの期限は? スポンサードリンク

Google
 出産祝いの期限は、「出産後1ヶ月」が目安です。なぜ1ヶ月かというと、御祝いをいただいた側(先方)が、お宮参り(生後1ヶ月)の前後にお返しをしなければならないからです。先方が各方面へのお返しを出し終わってから、さらに追加で御祝いを頂くことになり精神的な負担を与えかねません。しかし、出産の知らせを遅れて知った場合でも、さっそくお祝いをします。のし紙には「御出産祝」とするのではなく、単に「御祝」と記入し、「ご出産を知りえず、遅くなって申し訳ございません」と失礼を詫びることです。

 あまりに時期を逸している場合は、出産祝いはあきらめて「お食い初め」(生後100日目)や「初節句」(男の子誕生後、初の端午の節句;5月5日)、「初誕生日」(1歳の誕生日)のお祝いに切り替えてしまったほうが適切です。その場合は、「おくればせながら、ご出産のお祝いも兼ねております」などの一言も付け加えましょう。

 どうしても出産直後は多くの贈り物が贈られるので、もらった先方も感動が薄くなりがちです。あえてお祝いの時期を「初誕生日」まで遅らせる方法もあります。先方にとっては、そのほうが喜ばれることもしばしばです。



スポンサード リンク



 

人生のお祝いマナー【冠】
  妊娠・出産
  誕生日・節句
  卒業・入学
  暮らしの祝い

結婚のお祝いマナー【婚】
  婚約・結納
  結婚準備
  挙式・披露宴
  結婚祝い

年中行事のお祝い 【祭】
  正月行事
  季節行事

お祝い・用語集 【祝】
  冠婚祭
  祝い酒・宝石


Copyright (C) 【 お祝いマナー知恵宝庫 】 All rights reserved