100日 お食い初め

100日 お食い初め・解説ページ

【サイト・コンセプト】
「お祝いマナー知恵宝庫」では、私たち日本人が大切にしてきたお祝いの方法や用語について、くわしく解説しています。
お祝い マナーを知っていると、結婚式や長寿祝い、誕生日等のお祝いの席のほか、普段の人付き合いでも自信がもてます。
先人の知恵を吸収し、あなたも「お祝いマナーの達人」になりませんか?どうぞお気軽に、サイト内を探索してみてください。
スポンサード リンク
    
 HOME妊娠・出産100日 お食い初め
100日目にお食い初めを スポンサードリンク

Google
 赤ちゃんの生後100日目にお食い初めをするのが一般的です。地方によっては110日、120日など微妙な違いはあるものの、生後3ヶ月から4ヶ月の時期に、お食い初めをします。

 この時期は、そろそろ離乳食の準備に入る時期でもあります。つまり、昔の人にとって「お食い初め」は母乳から離乳食へ移行する準備段階に入ったことを祝う儀式だったといえます。もちろん、赤ちゃんの発育に個人差はあるものの、早期に乳離れする子でも十分間に合う少し早めの時期に、あえてお食い初めをして祝ったわけです。そのため、「お食い初め」は別名「百日(ももか)の祝い」とも称されます。

 正式には、この100日目のお食い初めで、祖父母や親戚の中での長老が「養い親」として立役者になります。赤ちゃんを長老の膝に抱いて箸をとり、生まれて初めて母乳以外の食べ物を口にする真似をするのです。なお、「養い親」には通常、男の赤ちゃんには男性が、女の子には女性がその役を務めます。



スポンサード リンク



 

人生のお祝いマナー【冠】
  妊娠・出産
  誕生日・節句
  卒業・入学
  暮らしの祝い

結婚のお祝いマナー【婚】
  婚約・結納
  結婚準備
  挙式・披露宴
  結婚祝い

年中行事のお祝い 【祭】
  正月行事
  季節行事

お祝い・用語集 【祝】
  冠婚祭
  祝い酒・宝石


Copyright (C) 【 お祝いマナー知恵宝庫 】 All rights reserved