端午の節句

端午の節句・解説ページ

【サイト・コンセプト】
「お祝いマナー知恵宝庫」では、私たち日本人が大切にしてきたお祝いの方法や用語について、くわしく解説しています。
お祝い マナーを知っていると、結婚式や長寿祝い、誕生日等のお祝いの席のほか、普段の人付き合いでも自信がもてます。
先人の知恵を吸収し、あなたも「お祝いマナーの達人」になりませんか?どうぞお気軽に、サイト内を探索してみてください。
スポンサード リンク
    
 HOME誕生日・節句端午の節句
端午の節句とは スポンサードリンク

Google
 5月5日の節供(せちく)行事のこと。邪気を払うという言い伝えからショウブやヨモギを軒にさし、菖蒲湯に入り、粽(ちまき)や柏餅(かしわもち)を食べる慣わし。雛の節供に対して、端午の節句を男の子の節供とし、武具、甲冑(かっちゅう)、武者人形などを飾って男児の健やかな成長を祈る。また、庭前には鯉のぼりや吹流しを立てて祝う。この日、競馬(くらくらべ)や流鏑馬(やぶさめ)、印地打(いんじうち)=石合戦、凧上げなど武術を競うような勇ましい行事が各地で開催される。



スポンサード リンク



 

人生のお祝いマナー【冠】
  妊娠・出産
  誕生日・節句
  卒業・入学
  暮らしの祝い

結婚のお祝いマナー【婚】
  婚約・結納
  結婚準備
  挙式・披露宴
  結婚祝い

年中行事のお祝い 【祭】
  正月行事
  季節行事

お祝い・用語集 【祝】
  冠婚祭
  祝い酒・宝石


Copyright (C) 【 お祝いマナー知恵宝庫 】 All rights reserved