結納 やり方

結納 やり方・解説ページ

【サイト・コンセプト】
「お祝いマナー知恵宝庫」では、私たち日本人が大切にしてきたお祝いの方法や用語について、くわしく解説しています。
お祝い マナーを知っていると、結婚式や長寿祝い、誕生日等のお祝いの席のほか、普段の人付き合いでも自信がもてます。
先人の知恵を吸収し、あなたも「お祝いマナーの達人」になりませんか?どうぞお気軽に、サイト内を探索してみてください。
スポンサード リンク
    
 HOME婚約・結納結納 やり方
結納のやり方 スポンサードリンク

Google
 結納のやり方について、関東と関西で違いがあります。その違いは言葉にも表されています。関東では結納を「交わす」と表現しますが、関西では結納を「納める」と言い表します。つまり、関東における結納の仕方は、男女お互いに同じ結納品を用意し、男性からは結納金(帯料)を、女性からはその半額(袴料)を同じ日に取り交わします。したがって、関東では結納は交わすものとして認識されてきました。
 一方、関西では結納品を男性側が納め、女性は後日その半額程度の袴料を男性に納めるか、まったく納めないかのいずれかでした。よって、関西では交わすものとしての感覚がなく、男性が女性に納めるのが結納のやり方でした。



スポンサード リンク



 

人生のお祝いマナー【冠】
  妊娠・出産
  誕生日・節句
  卒業・入学
  暮らしの祝い

結婚のお祝いマナー【婚】
  婚約・結納
  結婚準備
  挙式・披露宴
  結婚祝い

年中行事のお祝い 【祭】
  正月行事
  季節行事

お祝い・用語集 【祝】
  冠婚祭
  祝い酒・宝石


Copyright (C) 【 お祝いマナー知恵宝庫 】 All rights reserved