結納 飾り

結納 飾り・解説ページ

【サイト・コンセプト】
「お祝いマナー知恵宝庫」では、私たち日本人が大切にしてきたお祝いの方法や用語について、くわしく解説しています。
お祝い マナーを知っていると、結婚式や長寿祝い、誕生日等のお祝いの席のほか、普段の人付き合いでも自信がもてます。
先人の知恵を吸収し、あなたも「お祝いマナーの達人」になりませんか?どうぞお気軽に、サイト内を探索してみてください。
スポンサード リンク
    
 HOME婚約・結納結納 飾り
結納飾り スポンサードリンク

Google
 結納とは、元来、両家が新しく婚姻関係を結ぶために、ともに飲食する酒と肴(ごちそう)を意味していました。それが現代では、花嫁衣裳や身の回り品、さらにお金が付加されてきました。したがって、結納飾りにはそれぞれ縁起物としての祝いの言葉が付けられています。
 結納飾りは、九品目・七品目・五品目というようにセットで販売されています。最近では略式結納に使われる最も簡単な結納飾りとして、三品目まで登場しています。
 たとえば、九品目の結納飾りは、1.目録 / 2.金包(きんぽう) / 3.長熨斗(ながのし) / 4.末広 / 5.友志良賀(ともしらが) / 6.寿留女(するめ) / 7.子生婦(こんぶ) / 8.松魚節(かつおぶし) / 9.家内喜多留(やなぎたる)から成っています。結納飾りの品目数は、両家で同じ数だけそろえます。片方のみ多くてはいけません。事前に仲人と相談の上、両家にて同じものをそろえるならわしです。また、全品目には紅白、または金銀の水引をかけます。水引の結び方は、受け取る側から見て、右が紅(または金)で左が白(または銀)となります。



スポンサード リンク



 

人生のお祝いマナー【冠】
  妊娠・出産
  誕生日・節句
  卒業・入学
  暮らしの祝い

結婚のお祝いマナー【婚】
  婚約・結納
  結婚準備
  挙式・披露宴
  結婚祝い

年中行事のお祝い 【祭】
  正月行事
  季節行事

お祝い・用語集 【祝】
  冠婚祭
  祝い酒・宝石


Copyright (C) 【 お祝いマナー知恵宝庫 】 All rights reserved