結納金 意味

結納金 意味・解説ページ

【サイト・コンセプト】
「お祝いマナー知恵宝庫」では、私たち日本人が大切にしてきたお祝いの方法や用語について、くわしく解説しています。
お祝い マナーを知っていると、結婚式や長寿祝い、誕生日等のお祝いの席のほか、普段の人付き合いでも自信がもてます。
先人の知恵を吸収し、あなたも「お祝いマナーの達人」になりませんか?どうぞお気軽に、サイト内を探索してみてください。
スポンサード リンク
    
 HOME婚約・結納結納金 意味
結納金の意味 スポンサードリンク

Google
 正式な「結納式」としての結納は減少傾向にありますが、それでも「結納金」または「結納記念品」の習慣は根強く残っています。結納金のきっかけは、男性側から樽肴と帯地料として、女性側からは同様に樽肴料と袴地料として現金を包むようになったことに起因します。かつての結納金の意味には、「嫁入りの支度金」や「労働力の代価」としての性格を帯びていました。それが現代では「婚約したことの証明」として結納金や結納記念品をやり取りします。最近では、結納金として現金は贈らずに、婚約指輪などの結納記念品だけを贈る人が増えています。



スポンサード リンク



 

人生のお祝いマナー【冠】
  妊娠・出産
  誕生日・節句
  卒業・入学
  暮らしの祝い

結婚のお祝いマナー【婚】
  婚約・結納
  結婚準備
  挙式・披露宴
  結婚祝い

年中行事のお祝い 【祭】
  正月行事
  季節行事

お祝い・用語集 【祝】
  冠婚祭
  祝い酒・宝石


Copyright (C) 【 お祝いマナー知恵宝庫 】 All rights reserved