結納 口上

結納 口上・解説ページ

【サイト・コンセプト】
「お祝いマナー知恵宝庫」では、私たち日本人が大切にしてきたお祝いの方法や用語について、くわしく解説しています。
お祝い マナーを知っていると、結婚式や長寿祝い、誕生日等のお祝いの席のほか、普段の人付き合いでも自信がもてます。
先人の知恵を吸収し、あなたも「お祝いマナーの達人」になりませんか?どうぞお気軽に、サイト内を探索してみてください。
スポンサード リンク
    
 HOME婚約・結納結納 口上
結納の口上 スポンサードリンク

Google
 結納の口上のポイントは、「幾久しく」です。つまり、仲人が述べる口上は、前置きがどのようなものでも、「幾久しくお納めください」の言葉で締めくくられますので、返答する側も「幾久しくお受けいたします」と応えることになります。一般的な結納の席(両家が一堂に会する場合)で述べられる口上をここにまとめておきます。

(男性の父親のあいさつ後からスタート、男性を松井クン、女性を鈴木さんとして・・・)
仲人:「本日はお日柄もよく、まことにおめでとうございます。略式ながらこの席にてお結納をお取り次ぎさせていただきます。ではさっそく、お結納の品を預からせていただきます」
松井クンの父親:「それは松井(男性の姓)より鈴木様(女性の姓)への結納でございます。先様へ幾久しくお願いいたします」
(鈴木さん本人の前にて)
仲人:「これは松井様より鈴木様へのお結納でございます。幾久しくお納めくださいませ」
(女性側にて鈴木さん本人、父親、母親の順で目録に目を通す)
鈴木さんの父親:「ありがとうございます。幾久しく納めさせていただきます」
鈴木さん本人:「ありがとうございます。幾久しくお受けいたします」
(女性側から受書と男性側へ贈る結納品が仲人の前に・・・)
鈴木さんの父親:「それは鈴木よりの受書でございます。また同様に鈴木よりの結納でございます。先様へよろしくお願いいたします」
仲人:「たしかにお預かりいたしました」
(仲人、松井クン本人の前に受書を置く)
仲人:「それは鈴木様よりの受書でございます。幾久しくお納めくださいませ」
松井クン本人:「ありがとうございました」
(仲人、松井クン本人の前に結納品を置く)
仲人:「それは鈴木様より松井様へのお結納でございます。幾久しくお納めくださいませ」
(松井クン本人は目録に目を通し、父親、母親へ回す)
松井クンの父親:「ありがとうございます。幾久しく納めさせていただきます」
松井クン本人:「ありがとうございます。幾久しくお受けいたします」
(男性側から女性側への受書のやり取り)
松井クンの父親:「ありがとうございます。重ねてお世話をおかけいたします。これは受書でございますが、よろしくお取り次ぎお願い申し上げます」
仲人:「お預かりいたします」
(男性側の受書を女性側に)
仲人:「松井様からの受書でございます。幾久しくお納め願います」
鈴木さんの父親:「ありがとうございます。たしかにお受けいたしました」
以上、仲人の締めくくりのあいさつ、松井クンの父親あいさつ、松井クン本人のあいさつで終了。
非常にまどろっこしくて歯がゆいですが、これが一般的な結納の口上です。



スポンサード リンク



 

人生のお祝いマナー【冠】
  妊娠・出産
  誕生日・節句
  卒業・入学
  暮らしの祝い

結婚のお祝いマナー【婚】
  婚約・結納
  結婚準備
  挙式・披露宴
  結婚祝い

年中行事のお祝い 【祭】
  正月行事
  季節行事

お祝い・用語集 【祝】
  冠婚祭
  祝い酒・宝石


Copyright (C) 【 お祝いマナー知恵宝庫 】 All rights reserved