結納 仕方

結納 仕方・解説ページ

【サイト・コンセプト】
「お祝いマナー知恵宝庫」では、私たち日本人が大切にしてきたお祝いの方法や用語について、くわしく解説しています。
お祝い マナーを知っていると、結婚式や長寿祝い、誕生日等のお祝いの席のほか、普段の人付き合いでも自信がもてます。
先人の知恵を吸収し、あなたも「お祝いマナーの達人」になりませんか?どうぞお気軽に、サイト内を探索してみてください。
スポンサード リンク
    
 HOME婚約・結納結納 仕方
結納の仕方 スポンサードリンク

Google
 結納の仕方は、どのような方式を採るかによって異なります。また、地域によっても多少違いがあります。ここでは、両家が一同に会する結納の仕方を、順を追って説明します。

1. 男性側から先に結納会場に入り、結納品を上座に飾ってから着席。続いて女性側が入場し同様に結納品を上座に飾って着席する。
2. 両家が入場した後、仲人夫妻が入場し着席。まずは両家を代表して男性の父親が仲人に向かってあいさつを述べる。
3. 男性の父親によるあいさつに応じる形で、仲人が口上を述べる。その後、全員で深くおじぎする。
4. 男性の母親が上座(床の間など)に行き、結納品を仲人の正面まで運ぶ。それを仲人夫人に向くように置き、軽く一礼してから戻る。その後、男性の父親が口上を述べ先方への結納品であることを紹介する。
5. 仲人夫人が結納品を女性本人の前に運び、仲人が口上を述べて深く礼をする。女性本人は軽く礼をする。
6. 女性本人が結納品の目録に目を通し、次に父親、母親の順に回覧する。目録は女性本人が再度包み直して結納品の台に戻す。女性の父親と女性本人が口上を述べたら、女性側と仲人が深くおじぎする。
7. 女性の母親がいただいた結納品を上座(床の間など)に飾る。男性側に贈る結納品をいったん下ろし、その場所にいただいた結納品を置く。
8. 女性の母親は受書と男性側に贈る結納品を持って仲人の前に運ぶ。
9. 女性の父親と仲人の口上の後、女性側と仲人は深く礼をする。
10.仲人夫人が受書を男性本人の前に運ぶ。男性本人はお礼の口上を述べたら、受書を自分に右ひざ側に置く。
11.仲人夫人が結納品を男性本人の前に運ぶ。仲人は口上を述べて深く礼をし、男性側は軽く礼をする。
12.男性本人は目録に目を通し、次に父親、母親の順に回覧。見終わったら目録を男性本人が元に戻し、父親、男性本人が口上を述べる。その後男性側と仲人が深くおじぎする。
13.男性の母親が結納品を上座(床の間など)に飾り、かわって受書を仲人の前に運ぶ。父親と仲人が口上を交わした後、男性側と仲人が深く礼をする。
14.仲人夫人が受書を女性側に渡して仲人が口上を述べる。女性の父親と本人がお礼を述べたら、女性側と仲人は深く礼をする。
15.仲人が締めくくりのあいさつを述べたら、一同深く礼をする。男性の父親が、お礼のあいさつをし、次に本人同士がお礼を述べ合い、一同深く礼をして結納式は終了。仲人、仲人夫人、男性側、女性側の順に退室する。



スポンサード リンク



 

人生のお祝いマナー【冠】
  妊娠・出産
  誕生日・節句
  卒業・入学
  暮らしの祝い

結婚のお祝いマナー【婚】
  婚約・結納
  結婚準備
  挙式・披露宴
  結婚祝い

年中行事のお祝い 【祭】
  正月行事
  季節行事

お祝い・用語集 【祝】
  冠婚祭
  祝い酒・宝石


Copyright (C) 【 お祝いマナー知恵宝庫 】 All rights reserved