結婚式 親族 服装

結婚式 親族 服装・解説ページ

【サイト・コンセプト】
「お祝いマナー知恵宝庫」では、私たち日本人が大切にしてきたお祝いの方法や用語について、くわしく解説しています。
お祝い マナーを知っていると、結婚式や長寿祝い、誕生日等のお祝いの席のほか、普段の人付き合いでも自信がもてます。
先人の知恵を吸収し、あなたも「お祝いマナーの達人」になりませんか?どうぞお気軽に、サイト内を探索してみてください。
スポンサード リンク
    
 HOME結婚準備結婚式 親族 服装
結婚式の親族服装 スポンサードリンク

Google
 結婚式の親族の服装は、新郎新婦との続柄によってずいぶんと変わってきます。ここでは、続柄ごとに結婚式での親族の服装をご紹介します。
〔兄・姉〕:かなり年長の兄なら父親の服装に準じます。つまりモーニングコートかタキシードを着ます。新郎新婦と年齢が近い場合は、ブラックスーツかダークスーツで構いません。既婚の姉でしたら、黒留め袖か訪問着が最適です。既婚者でない姉は、ドレッシーなスーツやワンピースで構いません。
〔弟・妹〕:社会人の弟は、ブラックスーツかダークスーツにします。大学生以下ならブレザージャケットで構いません。妹の場合は、振袖やロングドレスが適しています。ただし、新婦の色とかぶってしまう白いドレスは避けましょう。また、新婦がお色直しで着るような格調高いものや派手な色は避けましょう。注意すべきは新婦よりも控えめの衣装にするということです。
〔祖父母〕:祖父は新郎新婦に近い立場として、媒酌人や父親の服装に準じます。よって、モーニングかタキシード、またはブラックスーツでも構いません。祖母は黒留め袖が基本ですが、色留め袖や格の高いドレスでも構いません。
〔おじ・おば・いとこ〕:男性の場合は、ブラックスーツが適しています。既婚女性の場合は、黒留め袖や色留め袖が基本となります。
〔子供〕:学校や幼稚園の制服があれば、それがフォーマル衣装になります。または、スーツ、ブレザーやあらたまった感じのワンピースでも構いません。



スポンサード リンク



 

人生のお祝いマナー【冠】
  妊娠・出産
  誕生日・節句
  卒業・入学
  暮らしの祝い

結婚のお祝いマナー【婚】
  婚約・結納
  結婚準備
  挙式・披露宴
  結婚祝い

年中行事のお祝い 【祭】
  正月行事
  季節行事

お祝い・用語集 【祝】
  冠婚祭
  祝い酒・宝石


Copyright (C) 【 お祝いマナー知恵宝庫 】 All rights reserved