主賓 祝辞

主賓 祝辞・解説ページ

【サイト・コンセプト】
「お祝いマナー知恵宝庫」では、私たち日本人が大切にしてきたお祝いの方法や用語について、くわしく解説しています。
お祝い マナーを知っていると、結婚式や長寿祝い、誕生日等のお祝いの席のほか、普段の人付き合いでも自信がもてます。
先人の知恵を吸収し、あなたも「お祝いマナーの達人」になりませんか?どうぞお気軽に、サイト内を探索してみてください。
スポンサード リンク
    
 HOME挙式・披露宴主賓 祝辞
主賓の祝辞 スポンサードリンク

Google
 主賓の祝辞の際も、新郎新婦は起立します。主賓が挨拶の前に「どうぞおかけください」と言われたら着席するようにします。そして、祝辞をいただく主賓のほうへ顔を向けて聞き、祝辞の最初と最後に一礼します。また、主賓は同じ会場に自分よりも年配者がいれば「ほかに先輩やご年長の方もいらっしゃいますのに、まことにせんえつですが・・・」と断りを入れます。主賓の祝辞では、新家庭作りの心がまえを上品かつユーモラスに、情感豊かに話すことで多くの方の心に響きます。そして、何よりも若い二人の感動に拍車を掛けることになります。主賓の祝辞は、3分以内にまとめるようにしましょう。



スポンサード リンク



 

人生のお祝いマナー【冠】
  妊娠・出産
  誕生日・節句
  卒業・入学
  暮らしの祝い

結婚のお祝いマナー【婚】
  婚約・結納
  結婚準備
  挙式・披露宴
  結婚祝い

年中行事のお祝い 【祭】
  正月行事
  季節行事

お祝い・用語集 【祝】
  冠婚祭
  祝い酒・宝石


Copyright (C) 【 お祝いマナー知恵宝庫 】 All rights reserved