ご祝儀 袋 マナー

ご祝儀 袋 マナー・解説ページ

【サイト・コンセプト】
「お祝いマナー知恵宝庫」では、私たち日本人が大切にしてきたお祝いの方法や用語について、くわしく解説しています。
お祝い マナーを知っていると、結婚式や長寿祝い、誕生日等のお祝いの席のほか、普段の人付き合いでも自信がもてます。
先人の知恵を吸収し、あなたも「お祝いマナーの達人」になりませんか?どうぞお気軽に、サイト内を探索してみてください。
スポンサード リンク
    
 HOME結婚祝いご祝儀 袋 マナー
ご祝儀袋のマナー スポンサードリンク

Google
 ご祝儀袋のマナーは、外見や中身だけでなく、持って行くときから意識したいものです。正式には、ご祝儀袋を片木盆にのせて末広を添え、ふくさをかけて持って行きます。ふくさとは、表裏2枚合わせか一枚物で方形に作った絹布のことを言います。最近では台付きタイプと袋タイプのふくさが販売されています。いずれにせよ、お祝い事の場合は包み終えた最後の部分が左側にくるようにご祝儀袋を包みます。披露宴当日でも、ご祝儀袋は必ずふくさに包むか、小さな風呂敷に包んで、中身を汚さないようにしましょう。



スポンサード リンク



 

人生のお祝いマナー【冠】
  妊娠・出産
  誕生日・節句
  卒業・入学
  暮らしの祝い

結婚のお祝いマナー【婚】
  婚約・結納
  結婚準備
  挙式・披露宴
  結婚祝い

年中行事のお祝い 【祭】
  正月行事
  季節行事

お祝い・用語集 【祝】
  冠婚祭
  祝い酒・宝石


Copyright (C) 【 お祝いマナー知恵宝庫 】 All rights reserved