披露宴 服装 女性

披露宴 服装 女性・解説ページ

【サイト・コンセプト】
「お祝いマナー知恵宝庫」では、私たち日本人が大切にしてきたお祝いの方法や用語について、くわしく解説しています。
お祝い マナーを知っていると、結婚式や長寿祝い、誕生日等のお祝いの席のほか、普段の人付き合いでも自信がもてます。
先人の知恵を吸収し、あなたも「お祝いマナーの達人」になりませんか?どうぞお気軽に、サイト内を探索してみてください。
スポンサード リンク
    
 HOME結婚祝い披露宴 服装 女性
披露宴の服装・女性編 スポンサードリンク

Google
 披露宴の服装として、女性の場合、まずは和装にするか洋装にするかを決めます。最近では洋装で参列される方も多いのですが、未婚女性の場合は、一般的に振り袖がよいとされています。しかし、動きやすさや花嫁を目立たせる点からも一つ紋の訪問着でも十分に礼装になります。また既婚女性の場合は、披露宴に出席する際の正装は、留め袖の二枚重ねとされています。もともと留め袖は、娘時代の振り袖に対して、「切った袖はふたたび元へは戻らない」という意味から、いったん嫁家に嫁いだら、そこの人間になり切る覚悟を表したものでした。また留め袖の色は黒である必要はありません。黒をフォーマルとする欧米の影響を受けて黒留め袖を披露宴で着るようになっただけなのですが、宴席に着席すると、模様の部分はテーブルの下に隠れてしまって、見える部分は黒一色になってしまいます。これではせっかくの祝いの席もさみしくなります。既婚女性が留め袖を着る場合は、白っぽい色を避けて、自分にいちばん似合う色の留め袖を着るようにしましょう。



スポンサード リンク



 

人生のお祝いマナー【冠】
  妊娠・出産
  誕生日・節句
  卒業・入学
  暮らしの祝い

結婚のお祝いマナー【婚】
  婚約・結納
  結婚準備
  挙式・披露宴
  結婚祝い

年中行事のお祝い 【祭】
  正月行事
  季節行事

お祝い・用語集 【祝】
  冠婚祭
  祝い酒・宝石


Copyright (C) 【 お祝いマナー知恵宝庫 】 All rights reserved