留め袖

留め袖・解説ページ

【サイト・コンセプト】
「お祝いマナー知恵宝庫」では、私たち日本人が大切にしてきたお祝いの方法や用語について、くわしく解説しています。
お祝い マナーを知っていると、結婚式や長寿祝い、誕生日等のお祝いの席のほか、普段の人付き合いでも自信がもてます。
先人の知恵を吸収し、あなたも「お祝いマナーの達人」になりませんか?どうぞお気軽に、サイト内を探索してみてください。
スポンサード リンク
    
 HOME結婚祝い留め袖
留め袖で結婚式に スポンサードリンク

Google
 留め袖を結婚式に着ていく場合、黒地(黒留め袖)か色地(色留め袖)のちりめんに五つ紋の染め抜きを着用します。かつては女性が結婚後に振り袖のたもとを短く詰めて着ていたことから、現代でも既婚女性の正装として定着しています。留め袖には、金・銀・白地の袋帯を締めます。帯揚げは、白の綸子か羽二重の帯揚げを使用し、帯締めは同じ素材の丸ぐけか金銀の組みひもで結びます。留め袖に合う小物は、黒塗りに金銀の地紙か白の末広(扇子)を持ち、バッグとぞうりはアンサンブルが基本で、金・銀・錦地のものを選びます。



スポンサード リンク



 

人生のお祝いマナー【冠】
  妊娠・出産
  誕生日・節句
  卒業・入学
  暮らしの祝い

結婚のお祝いマナー【婚】
  婚約・結納
  結婚準備
  挙式・披露宴
  結婚祝い

年中行事のお祝い 【祭】
  正月行事
  季節行事

お祝い・用語集 【祝】
  冠婚祭
  祝い酒・宝石


Copyright (C) 【 お祝いマナー知恵宝庫 】 All rights reserved