披露宴 マナー

披露宴 マナー・解説ページ

【サイト・コンセプト】
「お祝いマナー知恵宝庫」では、私たち日本人が大切にしてきたお祝いの方法や用語について、くわしく解説しています。
お祝い マナーを知っていると、結婚式や長寿祝い、誕生日等のお祝いの席のほか、普段の人付き合いでも自信がもてます。
先人の知恵を吸収し、あなたも「お祝いマナーの達人」になりませんか?どうぞお気軽に、サイト内を探索してみてください。
スポンサード リンク
    
 HOME結婚祝い披露宴 マナー
披露宴マナー スポンサードリンク

Google
 披露宴マナーの手始めとして、披露宴会場に入るときから開宴までをご説明します。まず、披露宴会場の入口に新郎新婦や両親、媒酌人が並んで出迎えている場合は、一旦立ち止まって「本日はおめでとうございます」とお祝いの挨拶をするのがマナーです。次に席次表に従って着席しますが、女性の場合は式場の係員の方に介添えしてもらいます。その際、バッグなどの手荷物があれば、椅子の背か膝に置きます。着席したら、同じテーブルの方に軽く会釈します。初対面の人にも会釈をして、新郎新婦入場前に簡単に自己紹介するようにしましょう。また、友人・知人と同席になった場合でも、面識のない方への挨拶も忘れないようにします。このきっかけを逸すると披露宴開宴後もお互いにぎくしゃくしますから、顔を合わせたときに挨拶することがマナーです。



スポンサード リンク



 

人生のお祝いマナー【冠】
  妊娠・出産
  誕生日・節句
  卒業・入学
  暮らしの祝い

結婚のお祝いマナー【婚】
  婚約・結納
  結婚準備
  挙式・披露宴
  結婚祝い

年中行事のお祝い 【祭】
  正月行事
  季節行事

お祝い・用語集 【祝】
  冠婚祭
  祝い酒・宝石


Copyright (C) 【 お祝いマナー知恵宝庫 】 All rights reserved