鏡開き 由来

鏡開き 由来・解説ページ

【サイト・コンセプト】
「お祝いマナー知恵宝庫」では、私たち日本人が大切にしてきたお祝いの方法や用語について、くわしく解説しています。
お祝い マナーを知っていると、結婚式や長寿祝い、誕生日等のお祝いの席のほか、普段の人付き合いでも自信がもてます。
先人の知恵を吸収し、あなたも「お祝いマナーの達人」になりませんか?どうぞお気軽に、サイト内を探索してみてください。
スポンサード リンク
    
 HOME正月行事鏡開き 由来
鏡開きの由来 スポンサードリンク

Google
 鏡開きの由来は、もともと中国で元日に硬い飴を食べて延命長寿を願う儀式にありますが、江戸時代に飴が餅に変わり、「刃柄」にかけて20日前後に行われていました。しかし、徳川三代将軍の家光が1月20日に亡くなったので、その後11日に日程変更したようです。鏡餅を飾るのは武家ならではの風習であったため、「切る」「割る」といった武士の忌み言葉を避け、運を「開く」という意味も込めて「鏡開き」と呼ばれるようになりました。したがって、鏡開きは、刃物を使わずに手や木槌で割るのもそのためです。鏡開きの由来は、日本の武家社会と大きな関係があるということです。



スポンサード リンク



 

人生のお祝いマナー【冠】
  妊娠・出産
  誕生日・節句
  卒業・入学
  暮らしの祝い

結婚のお祝いマナー【婚】
  婚約・結納
  結婚準備
  挙式・披露宴
  結婚祝い

年中行事のお祝い 【祭】
  正月行事
  季節行事

お祝い・用語集 【祝】
  冠婚祭
  祝い酒・宝石


Copyright (C) 【 お祝いマナー知恵宝庫 】 All rights reserved