初釜

初釜・解説ページ

【サイト・コンセプト】
「お祝いマナー知恵宝庫」では、私たち日本人が大切にしてきたお祝いの方法や用語について、くわしく解説しています。
お祝い マナーを知っていると、結婚式や長寿祝い、誕生日等のお祝いの席のほか、普段の人付き合いでも自信がもてます。
先人の知恵を吸収し、あなたも「お祝いマナーの達人」になりませんか?どうぞお気軽に、サイト内を探索してみてください。
スポンサード リンク
    
 HOME正月行事初釜
初釜 スポンサードリンク

Google
 初釜とは、茶道の稽古始にあたる日を指して言います。茶人は、元日の朝に初めて汲む若水で釜を開き、新年のあいさつが済んだ10日ごろ、客を招いてその年初めてのお茶をふるまいます。また、初釜の席をつくるには約束事があります。床の間の掛け軸は、初春にふさわしい語句、和歌、消息などの典雅なものを掲げます。花は結び柳に椿と決まっています。床の間の天井近くから途中で輪に結んで、しかも床畳にゆたかに流れるほどの長い柳を使います。初釜に招待された時の服装は、未婚女性なら振り袖、既婚者なら紋付きの色無地程度の格式の着物を着ます。また、男性ならダークスーツでも構いません。



スポンサード リンク



 

人生のお祝いマナー【冠】
  妊娠・出産
  誕生日・節句
  卒業・入学
  暮らしの祝い

結婚のお祝いマナー【婚】
  婚約・結納
  結婚準備
  挙式・披露宴
  結婚祝い

年中行事のお祝い 【祭】
  正月行事
  季節行事

お祝い・用語集 【祝】
  冠婚祭
  祝い酒・宝石


Copyright (C) 【 お祝いマナー知恵宝庫 】 All rights reserved