寒稽古

寒稽古・解説ページ

【サイト・コンセプト】
「お祝いマナー知恵宝庫」では、私たち日本人が大切にしてきたお祝いの方法や用語について、くわしく解説しています。
お祝い マナーを知っていると、結婚式や長寿祝い、誕生日等のお祝いの席のほか、普段の人付き合いでも自信がもてます。
先人の知恵を吸収し、あなたも「お祝いマナーの達人」になりませんか?どうぞお気軽に、サイト内を探索してみてください。
スポンサード リンク
    
 HOME正月行事寒稽古
寒稽古 スポンサードリンク

Google
 寒稽古は、寒のうちに朝早く、または深夜に稽古をする行事をいいます。寒には小寒と大寒とがあり、寒の入りの小寒は陽暦1月15日ごろ、大寒は1月20日あたりになります。そして、寒の入りから寒明け(節分)までのおよそ30日間を、「寒のうち」といいます。寒稽古は、1年のうちで最も寒い、この寒のうちを選んで行われます。はだし参り、はだか参り、寒念仏などの宗教的なものや、寒行、寒稽古、寒ざらえ、寒中水泳などの、からだや技芸の鍛錬を目的としたものがあります。



スポンサード リンク



 

人生のお祝いマナー【冠】
  妊娠・出産
  誕生日・節句
  卒業・入学
  暮らしの祝い

結婚のお祝いマナー【婚】
  婚約・結納
  結婚準備
  挙式・披露宴
  結婚祝い

年中行事のお祝い 【祭】
  正月行事
  季節行事

お祝い・用語集 【祝】
  冠婚祭
  祝い酒・宝石


Copyright (C) 【 お祝いマナー知恵宝庫 】 All rights reserved