五月人形 飾り方

五月人形 飾り方・解説ページ

【サイト・コンセプト】
「お祝いマナー知恵宝庫」では、私たち日本人が大切にしてきたお祝いの方法や用語について、くわしく解説しています。
お祝い マナーを知っていると、結婚式や長寿祝い、誕生日等のお祝いの席のほか、普段の人付き合いでも自信がもてます。
先人の知恵を吸収し、あなたも「お祝いマナーの達人」になりませんか?どうぞお気軽に、サイト内を探索してみてください。
スポンサード リンク
    
 HOME季節行事五月人形 飾り方
五月人形の飾り方 スポンサードリンク

Google
 子どもの日には、鯉のぼりを屋外に立て、室内にはかぶとやよろいの五月人形を飾ってお祝いします。さらにかしわ餅やちまきを食べ、菖蒲湯に浸かります。鯉のぼりは「鯉がのぼって龍になる」という中国の故事から、男の子の出世を祈るものです。五月人形は、江戸時代に武士達が家の前にかぶとと人形を飾って祝ったのが起源とされています。五月人形の飾り方は、三段飾りが一般的です。伝統的な飾り方は、上段の真ん中に鎧(よろい)を置き、その左右に弓矢と太刀、かがり火を配して、その後ろに屏風や幕を立てます。中段には、陣笠(じんがさ)と軍扇(ぐんせん)を飾り、その左右に鯉のぼりの吹き流しを置き、その他適当な人形や馬などを飾ります。下段には、中央に三方にのせた菖蒲酒を、その左右にちまきと柏もちをお供えします。



スポンサード リンク



 

人生のお祝いマナー【冠】
  妊娠・出産
  誕生日・節句
  卒業・入学
  暮らしの祝い

結婚のお祝いマナー【婚】
  婚約・結納
  結婚準備
  挙式・披露宴
  結婚祝い

年中行事のお祝い 【祭】
  正月行事
  季節行事

お祝い・用語集 【祝】
  冠婚祭
  祝い酒・宝石


Copyright (C) 【 お祝いマナー知恵宝庫 】 All rights reserved