お月見 由来

お月見 由来・解説ページ

【サイト・コンセプト】
「お祝いマナー知恵宝庫」では、私たち日本人が大切にしてきたお祝いの方法や用語について、くわしく解説しています。
お祝い マナーを知っていると、結婚式や長寿祝い、誕生日等のお祝いの席のほか、普段の人付き合いでも自信がもてます。
先人の知恵を吸収し、あなたも「お祝いマナーの達人」になりませんか?どうぞお気軽に、サイト内を探索してみてください。
スポンサード リンク
    
 HOME季節行事お月見 由来
お月見の由来 スポンサードリンク

Google
 お月見の由来は、中国にあります。中国では陰暦7月を初秋、8月を中秋、9月を晩秋と呼び、それぞれの時期の満月を拝み、めでる風習がありました。なかでも陰暦8月15日の満月を「中秋の名月」と呼び、一年で最も美しい月をめでて、お供え物をし、詩歌を詠みました。平安時代の日本でも、欠けても満ちる月を生命や不死の象徴とみなし、詩歌を詠んで称えたり、江戸時代には一般家庭でも「お月見」として定着していきました。ちょうどお月見シーズンは、農作物の収穫期直前ということもあり、豊作を祈る初穂祭としての意味合いもあります。



スポンサード リンク



 

人生のお祝いマナー【冠】
  妊娠・出産
  誕生日・節句
  卒業・入学
  暮らしの祝い

結婚のお祝いマナー【婚】
  婚約・結納
  結婚準備
  挙式・披露宴
  結婚祝い

年中行事のお祝い 【祭】
  正月行事
  季節行事

お祝い・用語集 【祝】
  冠婚祭
  祝い酒・宝石


Copyright (C) 【 お祝いマナー知恵宝庫 】 All rights reserved