お歳暮 マナー

お歳暮 マナー・解説ページ

【サイト・コンセプト】
「お祝いマナー知恵宝庫」では、私たち日本人が大切にしてきたお祝いの方法や用語について、くわしく解説しています。
お祝い マナーを知っていると、結婚式や長寿祝い、誕生日等のお祝いの席のほか、普段の人付き合いでも自信がもてます。
先人の知恵を吸収し、あなたも「お祝いマナーの達人」になりませんか?どうぞお気軽に、サイト内を探索してみてください。
スポンサード リンク
    
 HOME季節行事お歳暮 マナー
お歳暮マナー スポンサードリンク

Google
 お歳暮マナーで気をつけたいことは、相手が喪中のときに贈ってよいものか、ということです。通常、喪中のご家庭へは、年賀状を送らないのが礼儀ですが、お中元やお歳暮は喪中のご家庭へも贈ってかまわないようです。お中元やお歳暮は、祝いの贈答ではなく、あくまで時候の挨拶にすぎず、日頃のおつき合いに対する感謝の表明ですから、失礼にはあたりません。ただし、のしをつけたり紅白の水引をかけたりすることは控えましょう。せめて奉書紙をかける程度で留めておくべきです。また、相手が初七日や四十九日を過ぎていないようでしたら、少し時期をずらして「寒中見舞い」という形にしたほうがよいでしょう。逆にこちらが喪中の場合でも、普段どおりにお中元やお歳暮を贈っても構いません。



スポンサード リンク



 

人生のお祝いマナー【冠】
  妊娠・出産
  誕生日・節句
  卒業・入学
  暮らしの祝い

結婚のお祝いマナー【婚】
  婚約・結納
  結婚準備
  挙式・披露宴
  結婚祝い

年中行事のお祝い 【祭】
  正月行事
  季節行事

お祝い・用語集 【祝】
  冠婚祭
  祝い酒・宝石


Copyright (C) 【 お祝いマナー知恵宝庫 】 All rights reserved